世界初、事業化レベルの 海藻乳酸菌発酵技術

2015年より前身組織であるSW海藻研究所において、これまで実現困難とされてきた、
酵素等による前処理なし「海藻・乳酸菌・水」のみの「海藻乳酸菌発酵」に成功。
酵素やアルカリで海藻を前処理し発酵させる従来技術と異なり、直接海藻を発酵させるため、
乳酸菌発酵後の生産物についても独自性の高い機能性成分の存在が期待されています。

また弊社は世界初となる500kg釜によるプラントレベルの海藻発酵技術「海藻乳酸菌発酵SWプロセス」を確立。
同プロセスの高効率化や高精度化についても研究開発を継続しています。

産学連携による共同研究の推進

SW海藻研究所が発見保有していた新規乳酸菌によって実現した「海藻乳酸菌発酵SWプロセス」を軸とし、
各大学や研究機関と共同で、海藻乳酸菌発酵技術の向上研究や海藻乳酸菌発酵液のさまざまな分野での
利活用研究を行っていきます。現在、福岡県のバイオ関連事業の開発拠点、久留米リサーチ・パーク
福岡バイオインキュベーションセンター内に拠点を構え、九州大学・城西大学等との研究が進行中です。